福知山駅前商店街のテナントミックス 福知山フロント株式会社

会社紹介Company

福知山フロント株式会社 設立趣意書

福知山市中心市街地活性化事業は、平成23年に国の基本計画認定を受けて本格的に始動し、4年程で「ゆらのガーデン」、「広小路通りリニューアル」、「市民交流プラザ」等と成果を挙げてきました。しかし、2年連続の水害等により、街全体の活性化は道半ばとなっています。そのため、平成28年度からは次の5年間に向け、第2期活性化基本計画に入ることをめざして、公民協働で取り組んでいるところですが、そこでの基幹事業として「駅正面通りリニューアル」が計画され、地元商店街としてもこの機を逃さず、まちの活性化を実現させたいとの機運が高まっています。

しかし、今日の商店街のリニューアルは、従来の商店街組織のみの力では困難で、真の活性化を成し遂げるにはスピード感をもって多様な事業を計画的、継続的に展開できる体制が不可欠であることから、ここに株式会社方式によるまちづくり事業主体の創設を提案するものです。

この会社は、商店街組織と商店街・地元関係者の有志により設立、運営するもので、民間のノウハウ、事業意欲・能力を生かして自らがプレイヤーとなり、駅正面通りとその周辺エリアを中心に、以下のような事業に商店街と協力しながら鋭意取組むことを目指します。

  1. 福知山駅正面らしい、個性的で魅力ある街なみをつくるための計画・提案の上、事業推進に必要な取組み、支援をします。
  2. エリア内に多い空き地、空き家、空き店舗等の所有者の協力を得るよう努め、建物の借上げや利用権取得等により、集客力のある店舗・施設づくりを推し進めます。
  3. 既存店、新規店を含めて、専門家、行政等の支援を得つつ、常に企画・経営力の向上が行われるような体制を取り、必要に応じ管理・運営の主体となります。
  4. 国内・外国人観光客の増加、誘致、受入れに向けた事業計画作成及び事業の推進にあたります。
  5. 賑わい創出に効果のあるイベント、ソフト事業が継続的に行われるように企画、運営にあたります。
  6. その他、駅正面通りとその周辺の活性化に必要な事業を行います。